作成者別アーカイブ: thugliminal

2019 tee 着手

今年も自らのユニフォーム的要素のTシャツとコーチジャケットのデザインを進めています
ボア付きのコーチジャケットも少数ではございますが販売しようと思います

まだまだ企画段階でどうなるかはわかりませんが、2型制作しようと思っています
1年間これに袖を通して仕事をするものなので、力が入ります

また追って報告します

someday pic

昔々を思い起こせば
ブラウンやナチュラルの鋲ベルトが売られていないので、作るしかないかと思ったことが起点だったような・・
その後気に入った革が見つからないので、ブラウンの革をオリジナルで生産しようとして、あまりの生産ロットの多さに腰が引けたのを気合で乗り越えた事とか・・

今思えば技術も未熟、生産背景も多くの方のご縁や支援を紡いで、ただただ根拠のない負けん気を奮って物作りに挑んでいた日々だなぁと

乗り越えたり達成したりしながら進めば、また壁や障害、イレギュラーな出来事がそのたびに降ってはきますが、ただ思うのは不可能なことは目の前には置かれないという「事実」です

よく聞く話や格言ではなく自分にとっては経験済みの「事実」です
臆せず進もうと思います

再販開始

少量ですがthuglminal wristbandを制作しました
いつもストックを多く制作できず心苦しいですが、1つ1つ無理のないペースで丁寧に作っていこうと思っています

良ければチェックしてみてください

意味のある「ヌキ」

裏面(床面)の処理についてですが、時々鏡面のように裏も磨きに磨くことが至高のような考えを聞くことがあります
持論ですが、裏を鏡面仕上げのように磨き上げることは反対です
それが折り曲げたり、湾曲しないものだとすればそれも一つの正解でしょう

紙を曲げるならば良いですが、段ボールを曲げようとすると内側に「シワ」が入ります
要するに、この「シワ」を出さないために過度に裏面を固く磨かないでふっくらさせておく必要なあるのです

ベルトもリストバンドも曲げて使うもの 内側の力を逃がすためあえてヌクのです

大事大事と言いつつも

久しぶりに体調不良でダウンしていました
体が資本だとは分かりつつも、壊してみて痛感することが恥ずかしいですね

今はだいぶ復活しまして、また作業に入れそうです

ベルトを入れる箱の在庫が少なくなってきたので、シルクスクリーンでいつものロゴ入れをしました
長年使ってきた版もそろそろ寿命です また新しく作り変えようかと思います

刷ったロゴマークに網目があって、少し盛り上がるのもシルクスクリーンならではです

丈夫な箱ですので、せっかくなので何かに使っていただけると幸いです

正解や不正解ではない どう思ったかだ

年を重ねると、ささやかな感動や刺激を頭は最適化して処理してしまうため理解は早いが、「心」に残らなくなりがちです
だからこそ「ああ そういうことか」と思うことを嫌いますが、そこから出るための答えは知りません

良い映画を見た時のようにその映画の中に入ってしまうような感覚

ここを切り取りたい そして形にしていきたいものです

thugliminal charms (black)

キーチャームを再生産するにあたり、こちらも少数生産ではありますがマットブラックに染めつけたパターンも制作いたしました
黒の染料を入れてから乾燥させ、もう一度染め付けて、表面を細かなヤスリで荒らして柔らかい布で磨きました

黒なので重厚感がでましたが、アクリル製に比べて、非常に軽くキーホルダーに追加しても邪魔になりません

WEBSHOPにて販売開始