カテゴリー別アーカイブ: diary

使ったその様

「様になる」という言葉はその人にその物が馴染んでいることを表す言葉です
作り手を離れた後に使い込まれ、多様な年の取り方で人それぞれの完成形や、はたまた永遠の未完がそこにあり――――

染み込んだ時間の経過をまた再び手元にしてまじまじと見入ることが革を仕事にしている一つの楽しみでもあります

スニーカー

ローテクのスニーカーしか知らず、VANSの山を築いてきましたがここにきてハイテクスニーカーにやられっぱなしです
派手で最先端みたいな色味や形にはまだまだ抵抗がありますが、黒のこういうタイプを今は買い足しています

正直その履き心地は自分には小さな革命でして今の技術はなんて素晴らしい物なんだと感心するばかりです

新しきを知ることは何事についても大切なんだなぁと

創意

作りたいものを
今の感覚で
今の温度で
等身大のそのままを

それを作品でなく商品にすると多くの矛盾や無理が生まれます

それを高次元で融合できる接点があることを信じ努めることが
今の自分の「努力」ではないかとふと思いました

skate session

ハードコアライダーといわれるジャンルのスケーターが鋲ベルトを巻く理由
単純に限界ギリギリのライディングの際、転倒した時、鋲で滑り降りて身体を守るからです

撮影中も鋲ベルトで滑り降りて無傷でした

さらに言えばバイクで転倒した際も鋲ベルトのおかげで助かった例が何件かありますね
後付けの思わぬ効能なのか、考えた上での話しかはわかりませんが意味があるならそれでよいかと

人の気持ちを揺さぶるようなつぶてのような波紋のようなそれこそ音楽のような

それは確かに良く思われればうれしいですが
どうにも思われないような物を作るよりかは雑でも粗暴でも嫌悪でもいいから人の感情が揺らぐものを作りたいなと

物を通して人を見るとか人が出るとか正直わかったふりしているだけで実はよくわかりません

物は物です 生み出した「物」です

でもしかし、そこに汲み取ってくれたらうれしいと思うことを詰め込みから作る事も物自体にも祝福があるのだと思います

人によっては毒
人によっては良い意味の「何か」

その矢面でいなければ作る意味は無いように思います

THUGLIMINAL OIL

WEBSHOPが開いたタイミングで販売開始します
もう少々お待ちください

使い方などその時に書こうとは思っていますが、メンテナンスの正解は皆それぞれゴールが違いますのであくまで一般的な情報を乗せようと思います
また調合のレシピに関して時々お問い合わせいただきますが「秘伝のタレ」のようなものですのでご自分で試行錯誤ください

聞く正解とたどり着いた正解は学び獲れるものが大きく違います
どうぞ楽しみながら迷って下さい

偉そうにすいません

洒落る

ゆっくり入れたお茶だとか
吟味して選んだ湯飲みや茶托

どれでも良かったなんて選択肢ではなく、これが良かったに到達するまでに費やした時間と手間が見える物事

きっとそういうことが好きなんだと思います
それが服や小物に気が届けば、それが洒落るというのでしょうね

大切だから大事にする 大事だから大切にする

「大事」「大切」 そう思うならば手をかけてあげなけりゃ
そう教えてくれたのは亡き祖父でした

若い時はこの重要性をくみ取りきれませんでしたが、今は良くわかります

手入れがあってこその「丈夫」
汚れや単純なヤレはよく言うアジにはなりません

手入れされて使い込んで初めて醸し出すものこそ真のアジだと思います
ブーツもベルトもバイクも自転車ももれなくそうです

小さいころ見ていた祖父の自転車は使い込んだ傷やすれはあるものの言葉にはうまくできない風格がありました
ペコペコと古い油さしで手入れをしている祖父の姿とセットで思い出しましたね