使ったその様

「様になる」という言葉はその人にその物が馴染んでいることを表す言葉です
作り手を離れた後に使い込まれ、多様な年の取り方で人それぞれの完成形や、はたまた永遠の未完がそこにあり――――

染み込んだ時間の経過をまた再び手元にしてまじまじと見入ることが革を仕事にしている一つの楽しみでもあります

スニーカー

ローテクのスニーカーしか知らず、VANSの山を築いてきましたがここにきてハイテクスニーカーにやられっぱなしです
派手で最先端みたいな色味や形にはまだまだ抵抗がありますが、黒のこういうタイプを今は買い足しています

正直その履き心地は自分には小さな革命でして今の技術はなんて素晴らしい物なんだと感心するばかりです

新しきを知ることは何事についても大切なんだなぁと

創意

作りたいものを
今の感覚で
今の温度で
等身大のそのままを

それを作品でなく商品にすると多くの矛盾や無理が生まれます

それを高次元で融合できる接点があることを信じ努めることが
今の自分の「努力」ではないかとふと思いました

drops black

間引くのも足すのも
空間も間隔も

日常でも着ることもバイクも何もかも

大切なのは バランス です

ただただ自分のバランス感覚
正解があるわけではなく、漠然とピタッとくる感覚を大事にしようと思っています

skate session

ハードコアライダーといわれるジャンルのスケーターが鋲ベルトを巻く理由
単純に限界ギリギリのライディングの際、転倒した時、鋲で滑り降りて身体を守るからです

撮影中も鋲ベルトで滑り降りて無傷でした

さらに言えばバイクで転倒した際も鋲ベルトのおかげで助かった例が何件かありますね
後付けの思わぬ効能なのか、考えた上での話しかはわかりませんが意味があるならそれでよいかと

drops full black

大きい丸鋲で動きを見せることに重点を置いた配列です
人の動きがある中で見えた時に配列の綺麗さが際立つように設計しました

それでも多分皆が受ける印象は「無骨」

それはそれで大いに結構です