新作製作状況

いつもオンシーズンに合わせようとしても、何かとズレてリリースしていたTシャツ類を今年は良い時期に製作できそうです
その他もレザー物の新商品も発表しようと思います

そして、こんな小さな世界のブログを読んで下さったり、メールしか窓口がないサイトに問い合わせをしてくれる皆様に感謝します
小さな小さな窓口ですが、現状無理なくできる身の丈はこんなものです

ではまた

新作製作開始

今新たにTシャツ類や革小物を作っています
WEBSHOPにて新作を発表します

歩みは遅いですが、時間に縛られず考えて、納得した物がお見せできればいいなと

少し憂うようなことを言えば
本来、物を売って金銭を貰うのではなく、物を買ってもらえるから金銭がいただけるんだと思います
別にへりくだった考えを持つ話ではなく、買ってもらったその物にちゃんと血を通わせる義務が作り手にはあると考えています

作ったものに神経を通わせて体温を持たせるようなそんな責任のある物作りが日本の物作りを支えてきました
物を通してそれが伝わることも難しいことですが、伝わるのならばこの上記のプロセスを踏んだものだけがその権利があると思うんです

文才がなく伝わるかはわかりませんが、絞り出した熱を帯びた物を発表していきたいです

ecwcs gen3 lv3

このフリースジャケットの柔らかさと温かさは脱帽です
GAVIALのネームを遊びで取り付けてみました

福禄寿

ブーツの乾燥剤
それで終わりじゃなくて
なにこれ?から始まるこの面白さ

こういう血の通わせ方は本当にいいなぁと

WHATEVER

作品は自身の好きや良いと思う物事を共鳴できるかできないかの話

商品はその先で相手が好きとか良いとか思えるかどうか
それに財布のひもが開けれるかどうか

その点、商品のほうが難しいとは思う

でも別軸で

売れればいいのかと言われればそうじゃないし、寄り添うだけの物作りがしたいわけではない

その明確な答えを見いだせぬまま、今に至るわけだけど
何か今はどうでもいいかなぁと
いや、実に前向きに
どうでもいいかなぁぁと

浅草 亀十

和菓子は足した後に引いている
その引き算の塩梅が歴史そのものだと思いました

ぱっと食べてあーうまいとそれだけですが、それこそなんだと教えられた気がします

どのようなジャンルであれ、気が行き届いた物は見ていても食べても気持ちがあがります

極端な切り出し方

ミルスペックとは言うなれば、目的を達するために必要な機能性だけを国家レベルで最高値にまで構築したアイテムです
もっと簡単に言えば機能美だけを切り出したアイテムだと思います

ただそれゆえに無骨すぎたり、タウンユースのシルエットではなかったりと普段使いにはハードルが高い物も多々あります(あくまで個人的意見ですが)
今まで正直これらの理由からあまり手に取りはしませんでしたが、最近実に気になっています

無駄がないどころか意味のないことが一つもない構築物
時代時代の最先端 高機能
そこが気になるところなので古い物よりも現代の物ばかり見ています

まじまじと眺め、手に取り、一通り店員さんを質問攻めにして、その奥の深さに脱帽するという不思議なオフの過ごし方をしています

軍モノ恐るべき